日常

会うことの意味

これから小説の表紙を描かせていただくにあたり先日、キャラデザしてたんですが、思っていた以上に早めにできてホッとしてます。
キャラデザが一番、緊張します(そのしている期間というのか)

ご依頼のものだと1枚の表紙にだいたい1ヶ月ほどお時間をいただくんですが、絵を描いてる時間より、打ち合わせの時間のほうが大概長いことも多くて、どなたかの絵を描かせてもらうというのは大変な労力が伴うもので。
ここでいう労力はいい意味合いのものです。

仕事は楽しいだけじゃなく、時には何かしらの痛みを伴い、その経験が自分を成長させてくれる。
私は(この通り)失敗がすごく多いのですが(自慢することじゃないですが笑)過去の失敗があるから今の自分があると思ってます。
今の自分もダメ出しする部分は多くて、気を引き締める日々なのですが。

話が少しそれましたが、ご依頼の表紙を描くことは
「絵を描かせていただく」ことを痛感する作業だと改めて今回、感じてました。

いえ、ことりさん(@kotorismc)のキャラデザ、すごくスムーズにそしてかなり早く決まったのですが(当社比です)

これは先日、お会いしたのが大きかったかと。

私が「このやり方が過去、1番早くスムーズにキャラが作れた(ように思います)」という話をしたところ、ことりさんが考えて、作ってくださったキャラ設定表が素晴らしかった。
そしてお会いしなかったらこういう流れにはならず、もうちょっと時間がかかっていました。

お会いしてお話することって、大事だな、大きいなと。
会える距離ならば、ですが。

それよりネット社会だからと、メールに頼りすぎていたことにも気づきました。
そりゃ文章(メールの文面)だけじゃ、伝わるものも伝わらない!(笑)と。

予定表を作ってみたら、実際に描き始めるのは年明けで、来年は春までぎゅっとつまった期間になりそうです。
どういうふうにこれから過ごすか、その時を過ごすか。
考えて(自分なりに精一杯)過ごしていきたい。

そういえば昔は、振り返った時に後悔しないように今日を過ごしたいと思ってましたが、後悔したっていいじゃない?なんて今は思ったり。
(後悔のことの大きさにもよるんですが笑)
後悔するほどの失敗は、例えしてもいいんじゃないかって。
(また失敗話な件。)

ところでことりさんのキャラについて、あーだこーだと語りたいんですが、まだまだお口チャックしてます。
私の絵はともかく、かっこいいキャラ(攻め様’S)が出てきますよー(興奮)
乞うご期待なのです!

ブログランキングに参加してます。クリックしていただけると励みになります。